一言でチラシと言っても、その種類も性能の仕方も遣う。チラシという会話自体は、情報を四方八方に広げるというニュアンスの「散らす」から生まれた。限りなく情報の解釈に近い。ヨーロッパではリーフレットであり、文字通り一枚の葉をニュアンスしている。したがって日本では二つ折りのチラシも影響するが、ヨーロッパではそれはパンフレットである。形としては、3種に分ける事が可能な。表(片面)だけのもの。表裏(両国)に印刷されているもの。二つ折りのもの(中にはなお折りたたんだものもある)の3種である。

これに、厚紙を使ったカード式のものを加え4種とする時もある。チラシは印刷を活用したメディアなので、印刷の総額は意匠料よりも多くなるのが一般的である。

 

それにより予算に制限があるケース、印刷費を低減するために、インクの量を抑制するか紙質を下げる事になる。もちろん、色味よりも1色刷りの方が安価になる。それによってチラシの種類が、使用する色数でも分類されている。表だけのものは、情報量がそれほどない、あるいは予算の都合でという時に採用される。裏面は白紙のままなので、家庭では裏をメモ書きや落書きをするのに使われる。

 

両面に印刷する時は、両面色彩か表面色合いで裏面モノクロ色の2種があり、裏面の色数を少なくするのは単に経済的な所以ばかりでなく、表と裏を差別化する事例にも重宝である。用法による分類は、ほぼ配布形式の差異によるものである。大きく分けると、折り込み、手渡し、ポスティング、送付、委託の5種類になる。この中でもっとも多々あるのは、折り込みで、これは新聞の折り込みが圧倒的に多々ある。手渡しは、街頭や店頭で配布するもの。ポスティングは家屋のポストに入れていくものである。

⇒おすすめ:チラシ作成の東京チラシメーカーで格安のチラシデザイン!